円ドル為替の戦前までの歴史について

外国為替取引をしている人も多いようですが、円とドルの関係にはどのような歴史があるのでしょうか。円ドルの関係は、今から140年ほど前からのものでしかありません。1871年に円ができた時は、1ドル=1円でした。ですが、1877年に西南戦争が勃発したために戦費として兌換紙幣が大量に発行され、円のインフレ状態が起き、1ドル1円が維持されなくなりました。日本円が本格的な金本位制を開始したのは1894年の日清戦争がきっかけです。日清戦争後、清国から英国ポンドで賠償金を得た日本は、ポンドを一旦金に変えなければならなかったためです。金本位制が使われていた1897年~1917年の間は、1ドル2円強の為替相場となっていました。第一次世界大戦ではヨーロッパ諸国に変わって、日本の物資が世界中に輸出されたので、経常収支は大幅黒字となって、為替相場は1円2ドル以下と円高になったといいます。1918年に第一次世界大戦が終了した後、日本にも不況がやってきます。追い討ちをかけたのが1923年の関東大震災でした。円相場は大幅に暴落し、一時は1ドル=2円63銭になりました。この状況を打開するために、金本位制に戻ることで円の価値を上げるという方法が模索されました。円安という市場の状況であるにもかかわらず、この時は旧平価に近い水準で金の解禁が行われました。この政策は市場の状況を加味していないも同然のことであり、企業の倒産や収益悪化から、昭和恐慌、軍部介入へと歴史は流れていきます。円ドルの為替相場はさまざまな歴史上の出来事と共に推移していることがわかります。

安いお得!ドル両替銀行手数料
海外旅行などで必要になるドル両替ですが、いつもどこでしてますか?もっとお得なやり方があるかもしれませんよ?いろいろな両替方法を比較してお得なやり方をご紹介します。
www.usd-ryougae-otoku.com/